トップページ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 
特典のフィルムが配布されたことで、魔女文字の解析が進んでますね。
怠惰な自分は情報を仕入れにいくだけですが。

魔女文字の解析より叛逆のほむらの魔女は「くるみ割りの魔女」のようです。
まどポ(PSPのゲーム)では「此岸の魔女」でしたが、変わったようですね。


魔女文字解析
http://gainenn.blog.fc2.com/blog-entry-1785.html


さて、逸話系、寓話、神話にまったくもって疎いのですが、
自分なりに調べたことをまとめられればいいかなって思いました。

◇くるみ割り人形
くるみ割り人形の話がモチーフになっているようです。
まずくるみ割り人形の話については、

1.くるみ割り人形とねずみの王様 - E.T.A.ホフマンの童話

2.くるみ割り人形 - 上記童話を元にし、チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽、およびそれを使用した2幕3場のバレエ作品。

3.その他(映画とかアニメとか、石川ひとみのアルバムとか)
に分けられそうです。

1は要するに原作です。
2は少しアレンジした、バレエ用の音楽作品です。叛逆では、至るところでダンスをしているシーンがあるので無視はできないでしょう。
3は1と2を元にしたもの。大きく変わるところはなさそうです。石川ひとみの曲については知りません。余裕があれば調べる程度でいいのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%BF%E5%89%B2%E3%82%8A%E4%BA%BA%E5%BD%A2_%28%E6%9B%96%E6%98%A7%E3%81%95%E5%9B%9E%E9%81%BF%29

3は無視して、1と2について考えてみましょう。


・・・
で、考えたところ、


ほむら魔女と使い魔vs人魚の魔女とその他大勢
→くるみ割り人形と兵隊人形vsネズミの王様とその軍勢(1)

兵隊のような使い魔→兵隊人形(1)
子供のような使い魔→ルイーゼ、フリッツ、マリー(1)
カラスのような使い魔→医務参事官シュタールバウム?(1)

暁美ほむら→時計師ドロッセルマイエル(1)


鹿目まどか→クララ(2)
悪魔ほむら→王子(2)
インキュベーター→はつかねずみの大群(2)

※括弧内の数字は1が原作、2がバレエ作品

という図式になりそうです。
なんで両方混ぜるのかって?その方が幅が広がるからです。
まあ、ダブルミーニングなんて言葉もありますし、適度に幅広い視点で見てみましょう。


まず、2のバレエ作品について考えたほうがわかりやすそうです
>くるみ割り人形の指揮する兵隊人形たちがはつかねずみに対し、最後はくるみ割り人形とはつかねずみの王様の一騎打ちとなり、くるみ割り人形あわやというところで、クララがスリッパをはつかねずみの王様に投げつけ、はつかねずみたちは退散する。倒れたくるみ割り人形が起きあがってみると、凛々しい王子になっていた。王子はクララをお菓子の国に招待し、2人は旅立つ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%BF%E5%89%B2%E3%82%8A%E4%BA%BA%E5%BD%A2

とあります。
>くるみ割り人形あわやというところで、クララがスリッパをはつかねずみの王様に投げつけ、はつかねずみたちは退散する。
とは、インキュベーターを一掃した攻撃ですね。まどかとほむらの共同作業でしたが、誘導したのはまどかですので、クララはまどかになりそうです。

>倒れたくるみ割り人形が起きあがってみると、凛々しい王子になっていた。王子はクララをお菓子の国に招待し、2人は旅立つ。
インキュベーターの封印から解かれたほむら(王子)は、まどか(クララ)をまどかが幸せになるための世界(お菓子の国)へ招待(強制)します。

うん、完璧ですね(得意気)

次に原作である1について考えましょう。
魔女関係が多いのは、ダンスと無縁そうだったからです。また、OPの暁美ほむらも踊ってませんでしたし。
兵隊のような使い魔が兵隊人形であることも、見た目で良いでしょう(適当)
子供のような使い魔も何種類かいましたし、3人の子供で良さそうです(適当)
カラスのような使い魔については、この頃、流行していたペスト(黒死病)に対しての医師は「鳥の口ばしのような仮面(ペストマスク)」をしていたそうです。
(「鳥 仮面」でググった。あと読んでて良かった「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」)

しかし、それが医務参事官に当たるかはあまり自信がありません。というのも、
>専門的な訓練を受けた経験豊かな外科医や内科医の仕事だが、彼らは往々にしてよそでは商売がなりたたない二流の医者か自分の身を立てようとする若い医者
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%B9%E3%83%88%E5%8C%BB%E5%B8%AB
とあり、医務参事官との関係性もよくわかりません。
が、それなりの仮説は立てられた気がするのでここまでにしましょう(結局適当)

暁美ほむらの時計師ドロッセルマイエルについては、ほむらはよく歯車のイメージがついてきます。また時間操作の魔術を使用するっていうだけで、時計ですね。
どこかのブログにはドロッセルマイエルおじさんが黒幕のような話もあったので、それはそれで興味深かったです。
http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20061224/p1
スポンサーサイト

この記事のURL | 2013.11.21(Thu)01:25 | チラ裏:自分の日記なのにチラシの裏とは | Comment : 00 | Trackback : 01 | 



「まどかマギカ 叛逆の物語」と「くるみ割り人形」
「くるみ割り人形」のホフマン原作は夢より現実を重んじる大人の発想に対する「叛逆の物語」だと思います。
2013.12.22(Sun)18:21 by.北村正裕BLOG
 
プロフィール
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。